ソソモンヌンカルビチッ | 業界初360º回転画像 | 韓国グルメ・クーポン予約 | 韓国旅行 「ハイコリア」

 
ツ ア ー

ソソモンヌンカルビチッ 立って食べるカルビ屋

Seoseo Meokneun Galbijip  서서 먹는 갈비집

ソウル市麻浦区老姑山洞109-69

電話番号 : 02-716-2520

ホームページ :

http://www.hikorea.jp/tour/ssmngj

評価 : 0/0人
お勧め : 0

Google +1

立ち食い焼肉!?立ったまま食べる絶品カルビがここに・・・『ソソモンヌンカルビチッ』

立ち食い焼肉!?立ったまま食べる絶品カルビがここに・・・『ソソモンヌンカルビチッ』韓国旅行に欠かせない食事の中の一つが焼肉。その焼肉を立ったまま食べるというお店があります。お店の名前は『ソソモンヌンカルビチッ』。日本語に直訳すると“立って食べるカルビ屋”という意味です。日本でいう“立ち食い”といったら時間のかからないソバやうどん、串揚げなどを思い出しますが、焼肉という発想はなかなか出来ないのが事実。それもそのはず。日本での“立ち食い”の認識は駅構内やオフィス街の一角などで、食事を手早く済ませたい人がさっと食べて移動できる為にあるという認識なので、時間のかかるものは“立ったまま”食べる必要が無いと感じてしまうと思います。でもここのカルビ屋さんは大繁盛!夕方から列を作って待つ人がいる程です。日本からもここのカルビを求めて来る人も沢山いるそうですよ。“立ったまま”でも食べたい!その魅力は何でしょうか?

 

ソソモンヌンカルビチッのパノラマVR(360º回転画像)

パノラマVR(360º回転画像) - クリックして移動すると、360˚VR動画を見ることができます。

学生の街“新村”からすぐ!


ここ『ソソモンヌンカルビチッ』は新村というエリアに位置しています。新村エリアには延世大、梨大、西江大、弘大という有名大学が沢山あるエリアで、学生達が集う街として有名。チープで美味しいお店も沢山あり、最近では外国人観光客も訪れるスポットとなっています。地下鉄2号線新村駅7番出口から徒歩約5分ほどの場所にあるのでアクセスは便利ですが、新村の賑やかな街中にあるのではなく、ちょっと外れた少し細い道に入った場所にあるので、事前に地図でCHECKして行くのをオススメします。お店のたたずまいも派手ではないので、見落とさない様にご注意を。

右の写真をご覧下さい。店内の様子ですが、みなさん本当に立って食べてます!ドラム缶で出来たテーブルの真ん中がくりぬかれ、そこに置かれた練炭と鉄板の上でカルビを焼いています。私達が訪ねた時間は午後3時半位だったのですが、この時間から既にソジュ(焼酎)片手にカルビを食べているお客さんもいました。ここは元々飲み屋さんで、労働者が仕事の合間に立って軽く一杯ひっかけるお店だったのですが、つまみとして出していた炭焼きの牛カルビを目当てに食べに来るお客さんが増えた為、店のスタイルは変えずカルビ屋さんに変更したという歴史があります。それで納得!この時間からちらほら常連さんらしき人がソジュ片手にカルビを楽しんでいるのですね。
 

『ソソモンヌンカルビ』の味付けと練炭

上でもご紹介しましたが、ここは元々飲み屋さんからカルビ屋さんになりました。なので、メニューは牛カルビのみ!毎朝質の良い肉をその日の分市場から仕入れて、午前中の間だけ味付けダレに漬けて置きます。それ以上漬けて置くと色や鮮度が落ちるので、短時間だけ漬けて置く事が味の秘訣なんだそうです。そしてそのお肉を焼くのに練炭ですが、ここのお店では常にドラム缶の中央の火の着いた練炭が入っています。その理由は肉の旨味や鮮度を逃さない為に強い火力が必要だからなんだそう。火にかけてすぐ焼けるように、常に火が入ってるんですね。しかもすぐ焼けることによって、お客さんの回転をよくするのにも役立っています。
 

お待ちかねの“立ち食いカルビ”



カルビは骨付きの一本14,000ウォン。2人前から注文可能です。ちなみに写真は3人前。店員さんがお肉を盛ってきてすぐ鉄板に乗せてくれるので、私達がやる事は特にありません。(笑)ジューッの音が食欲をそそりますよ。

カルビを付けるタレですが、人数分プラス1個出てきます。なぜプラス1かというと、火にかけて煮る様に一つ余分に出てくるのです。火にかけたタレの中にニンニクを入れて煮ると、タレの味が染み、香ばしさと甘さが出て良いつまみになります。それをつまみにソジュをクイっといくのもこの店ならではの楽しみ方。


お肉は頃合いを見て店員さんが切ってくれます。骨に付いたカルビもしっかり焼けるよう、転がしながら焼いていきますよ。さっきも言ったとおり火力が強いので、すぐに焼きあがります。

焼きあがったお肉は暖めてない方のタレに付けて食べても良し、暖めたタレの中でちょっと煮てみても良し、そのまま食べてもなんでも良し。味付けはあっさりめなので、塩焼きが好きな方にも好評です。奥歯で噛むと旨味がジュワッとでてきて噛み応えのある食感。これと一緒に飲むソジュはなんとも格別。ドラム缶は常に着いている火のせいで暖まっているので、右の写真の様にグラスを逆にしてその上にソジュグラスを置くと暖まりませんよ。サービスのおかずもご飯も何にもなく、タレと青唐辛子とコチュジャンだけですので、お肉とソジュがドンドン進みます。
 

皆に愛される“立ち食いカルビ”



ここはなんと創業約60年!お店の看板には“45年の伝統”と書かれていますが、看板を変えてないそうです。(笑)その為ここの常連さんは親子三代で通っている人もいるとか。ずっと昔から通ってい常連さんで今でも来てる人も沢山いて、70代80代の方も多く訪れるんですって。すごいですよね。最近では日本からの観光客も増え、沢山訪れる様になったそうですよ。場所のせいか学生やカップル、家族連れなど客層も様々なので、万人が大好きなカルビと言ってもいいでしょう。注文すればお持ち帰りも用意してくれるので、そちらを注文するお客さんも多いそうです。

『ソソモンヌンカルビチッ』はお肉がなくなると店仕舞い。なので、毎日終る時間が決まっているわけではなく、その日によって違うんだそうです。大体19時半から20時半位に終ることが多いそうですが、お持ち帰りのお客さんが多かったりする時は、17時から18時位に終る事もあるそうです。なのでちょっと遅めに来る方は、お肉の追加注文が出来ない時もあるので、最初に多めに追加分も頼んで置いて欲しいとの事。それと最近お店の紹介を見て来てくれる日本人が多くなって嬉しいのですが、12時開店前に来て外で待っているお客さんがいらっしゃるので「お店は12時からなので、12時過ぎてからいらして下さいー」とおっしゃっていました。日本からもこうして熱烈なファンが出来る程の人気っぷり。ここの立ち食いカルビがみんなに愛される理由が分かりました。この味を守るための努力や思考は、他のお店にはまねできない深い魅力です。韓国料理の定番!焼肉をちょっと変わった形で、食べてみてはいかがですか?
 

オススメ ブログ

立ち食いカルビなら ソソモンヌンカルビチッ ヨンナムシクタン(ヨンナム食堂)♪ 2011年9月19日
ソウルはどこに行っても美味しい焼肉屋がたくさんあるけど… 今回こうさぎがご紹介するのは、ドラム缶の上で肉を焼く立ち食い焼肉のお店♪ 新村にある“ソソモンヌンカルビチッ ヨンナムシクタン(서서 먹는 갈비집 연남식당…
http://blogs.yahoo.co.jp/go_kousagi/65371856.htmlこうさぎ☆世界にGO!
ソソモンヌンカルビチッへ。。 2012年1月29日
今日は久しぶりにソソモンヌンカルビチッ ヨンナムシクタン 立って食べるカルビ屋 ヨンナム食堂へ。。 2号線ホンデの隣の新村シンチョン駅7番出口から 歩いて5分ほどのとこにあります。 5時30分くらいに到着して、、店に…
http://blog.goo.ne.jp/saxiah12/e/fe20b5a1a98e5ef4e33f3ecebcbea341ノアのブログ~ソウルから、、韓国の毎日のこと。。
超愉快!ドラム缶の焼肉 2012年2月17日
韓国へ行く方に、牛の焼肉はお勧めしていない なぜなら日本でも食べれるから! でもでも今回はちょっと違~う 新村(シンチョン)にあるドラム缶の焼肉店「ソソモンヌンカルビ」へ行ってみた 旅行雑誌でも有名な、立…
http://hangmine.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/02/post_83a4.html美韓- HangMine -

アクセス MAPプリントする

基本情報

  • 住所 : ソウル市麻浦区老姑山洞109-69
  • 住所(韓国語) : 서울 마포구 노고산동 109-69
  • 電話番号 : 02-716-2520 / ファックス :

アクセス方法案内

タクシー

■ タクシー運転手に見せる案内文をプリントしてください。

地下鉄

  1. 地下鉄号2線新村(シンチョン、Sinchon)駅7番出口から徒歩約5分

その他情報

  • 営業時間>12:00~お肉がなくなるまで(大体19;30~20:30ほどにはなくなる)
  • 休業日>1月1日、旧正月、秋夕、夏休み
  • 日本語>不可
  • 日本語メニュー>無
  • 予約>不可
  • 決済方法>ウォン、カード
  • 禁煙席>無
予約のお問い合わせ

営業時間
平日 : 10:00 ~ 18:00
土曜 : 10:00 ~ 14:00
日曜日と祝日は休業

お問い合わせ
電話 :+82-2-793-5636
e-mail : info@hikorea.jp

*すべての相談日本語可能

------------------------- このコンテンツは、クリエイティブ・コモンズの下でライセンスされます。 表示 - 非営利 - 継承2.1日本ライセンス。

韓国旅行の総合情報サイトへようこそ!
韓国旅行・韓国観光・韓国エステ・韓国市場・現地ガイド

w3cw3c

@hikorea_social
ハイコリアブログ